1: 禿の月φ ★ 2013/07/28(日) 21:39:51.61 ID:???P
    米俳優のブラッド・ピット(49)が28日、婚約中の女優アンジェリーナ・ジョリー(38)、
    子供たち3人(パックス、ヴィヴィアン、ノックス)と共に羽田空港に到着。
    約1年9ケ月ぶりの来日となるピットは、あす29日に都内で行われる
    主演映画『ワールド・ウォーZ』(8月10日公開)のジャパンプレミアに参加する。

    この日、ピットらがプライベートジェットで降り立った羽田には約1100人のファンが集結。
    シックな装いのピッドと、ブラックのサマーニットとレザーパンツに身を包んだアンジーが
    子供たちと仲良く手をつないで姿を現すと、待ちわびたファンからは、大歓声が響き渡った。

    大勢のファンを前に、終始笑顔を見せ手を振って応えていた二人。
    集まっていたファンの中に小さな男の子の姿を見つけたアンジーは、
    男の子にキスとサインのサービス。ピッドはその様子を微笑ましく見つめ、
    最後はしっかりと子供たちの手を握りその場を後にした。(>>2以降に続きます)

    ソース:ORICON STYLE(オリコンスタイル)
    http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/2027032/full/
    画像:no title

    no title

    no title

    no title

    【【映画】ブラッド・ピット、アンジーと1年9ヶ月ぶりに来日 1100人のファンが歓迎 /主演映画『ワールド・ウォーZ』】の続きを読む

    1: 五十京φ ★ 2013/07/27(土) 18:11:43.06 ID:???0
    世界的に大ヒットした1988年のアクション映画『ダイ・ハード』(日本公開は1989年)。
    その誕生25周年を記念して、米エンターテインメントサイトVultureが「『ダイ・ハード』以降のアクション映画ベスト25」を決定。
    栄えある1位に、クリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』(08)が輝いた。(>>2あたりに詳細)

    1位 『ダークナイト』(08)
    2位 『ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌』(92)
    3位 『マイノリティ・リポート』(02)
    4位 『キル・ビル』(03)
    5位 『ターミネーター2』(91)
    6位 『ラスト・オブ・モヒカン』(93)
    7位 『HERO』(03)
    8位 『マトリックス』(09)
    9位 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地黎明』(94)
    10位 『ジュラシック・パーク』(93)
    11位 『ラン・ローラ・ラン』(99)
    12位 『ザ・ロック』(96)
    13位 『ボーン・アルティメイタム』(07)
    14位 『ハリソン・フォード 逃亡者』(93)
    15位 『スピード』(94)
    16位 『ミッション:インポッシブル』(96)
    17位 『スパイダーマン2』(04)
    18位 『バトル・ロワイアル』(00)
    19位 『アンストッパブル』(11)
    20位 『ニキータ』(91)
    21位 『007/カジノ・ロワイヤル』(06)
    22位 『アバター』(09)
    23位 『アドレナリン』(07)
    24位 『ハートブルー』(91)
    25位 『ポリス・ストーリー3』(92)

    no title

    クリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』がトップ! (C) AFLO

    クランクイン! 2013年07月27日08時00分
    http://news.livedoor.com/article/detail/7898547/

    【【映画】「アクション映画ベスト25」発表】の続きを読む

    1: 禿の月φ ★ 2013/07/28(日) 17:17:43.95 ID:???P
    子役の芦田愛菜(9)が28日、都内で行われた映画『パシフィック・リム』(8月9日公開)
    来日記者会見に出席。同作の監督を務めるギレルモ・デル・トロ監督(48)は、芦田について
    「撮影では、何日も泣かせてしまって本当に申し訳ないと思っている」と話し出すと
    「彼女は天才です。本当は彼女50歳なんじゃないかなっていうくらい賢いし、
    立派な女優さん」と絶賛。監督の言葉を受けた芦田は照れ笑いを浮かべ喜んだ。

    ハリウッドデビューとなった本作の撮影には、「楽屋が一人一台のキャンピングカーで、
    びっくりしました」と驚いたようで「(日本では)『よーい、スタート』って言うのを(ハリウッドでは)
    『アクション』って言うのがかっこいいです」と振り返っていた。

    同作は、地球を絶滅の危機に陥れる未知なる巨大生命体と、人型巨大兵器の戦いを
    ハリウッド最先端のVFXを駆使して描いたSFスペクタクル大作。記者会見にはそのほか、
    菊地凛子が出席した。

    ソース:ORICON STYLE(オリコンスタイル)
    http://www.oricon.co.jp/news/movie/2027025/full/
    画像:監督の言葉を受け喜ぶ芦田愛菜
    no title

    菊地凜子&芦田愛菜&ギレルモ・デル・トロ監督/『パシフィック・リム』来日会見
    no title

    関連ニュース
    【映画】芦田愛菜が大阪弁で毒づく!行定勲監督作『円卓』で映画初主演
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1374782803/

    【【映画】ギレルモ・デル・トロ監督が芦田愛菜を「彼女は天才です。本当は彼女50歳なんじゃないかなっていうくらい賢い」と絶賛】の続きを読む

    1: サソリ固め(関西地方) 2013/07/26(金) 21:32:00.50 ID:msKF9cYo0 BE:386374853-PLT(12223) ポイント特典
    韓国ネットで「風立ちぬ」批判、宮崎駿監督は…


    アニメーション映画監督の宮崎駿さんが26日、東京都小金井市のスタジオジブリで、韓国メディアを対象
    にした記者会見を開き、日本で公開中の新作映画「風立ちぬ」について語った。

     記者会見は、9月から韓国国内で、「風立ちぬ」が公開されるのに合わせ、現地の映画配給会社などが主催。
    韓国から来日した新聞、雑誌、テレビなどの記者約60人が出席した。

    ゼロ戦の設計者、堀越二郎をモデルにした青年を主人公にしていることなどが、映画の公開前から韓国の
    ネット上で批判されており、宮崎監督は「一つのことを仕事にし続けると、マイナスを背負ってしまう。
    堀越二郎が正しいと思って、映画を作ったのではないが、彼が間違えたと簡単に決めつけたくなかった」と話した。

    http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130726-OYT1T01053.htm?from=main2




    【「風立ちぬ」の韓国向け記者会見で宮崎駿がフルボッコ 更に「堀越二郎は間違っていた」とも取れるクソ発言】の続きを読む

    1: 花電車φ ★ 2013/07/21(日) 17:58:38.53 ID:???0
    米映画製作大手ワーナー・ブラザーズ・ピクチャーズは20日、
    「スーパーマン」と「バットマン」が初めて共演する映画の製作を計画していることを明らかにした。
    題名は未定。製作は来年開始される見通し。

    同社はコミックや映画などの見本市「コミック・コン」で、
    この映画の監督はスーパーマンシリーズの新作「マン・オブ・スティール」を手掛けたザック・スナイダーが務めると述べた。

    同作品でスーパーマンを演じたヘンリー・カビルも出演する。バットマン役の俳優は今後決める。
    ワーナー・ブラザーズによると、「マン・オブ・スティール」に出演したエイミー・アダムス、ローレンス・フィッシュバーン、ダイアン・レインの各俳優も出演予定。
    また、俳優クリスチャン・ベールがバットマンを演じた3部作を監督したクリストファー・ノーランが製作総指揮の1人として参加する。

    スーパーマンとバットマンが登場する新作映画のストーリーは明らかでないが、
    スナイダー監督は2大ヒーローがライバル同士を演じることを強く示唆した。
    クリスチャン・ベールは米芸能メディア「エンターテインメント・ウイークリー」に今月、バットマンの新作には出ないことを明らかにしていた。
    「マン・オブ・スティール」は今年6月に封切られ、最初の週末で1億2510万ドルを稼ぐなど同月公開の作品としては最高額の興行収入を記録した。
    ワーナー・ブラザーズによると、世界規模での興行収入はこれまで計6億3000万ドル。

    ソース:CNN.co.jp
    http://www.cnn.co.jp/showbiz/35034940.html

    【【映画】スーパーマンとバットマン、初共演の映画製作へ!!!!!】の続きを読む

    1: 禿の月φ ★ 2013/07/19(金) 08:04:27.84 ID:???P
    ■脱ファンタジーと同時代性
    宮崎駿監督(72)の5年ぶりの新作アニメーション映画「風立ちぬ」が完成した。
    ゼロ戦の設計者、堀越二郎(1903~82年)をモデルに、小説「風立ちぬ」の
    作者堀辰雄(1904~53年)の人物像を融合した主人公は、美しい夢を追い求め、
    働き、恋愛をする。大正から昭和にかけての激動の時代に生きた青年に託した思いを、
    宮崎監督に聞いた。

    関東大震災が起き、失業者は増加。病気も蔓延(まんえん)し、戦争に突き進もうとする
    時代に、二郎は技師としての仕事に没頭する。いずれ、若者たちがゼロ戦に乗って
    戦場に飛び立つことになるが、二郎は美しい飛行機を夢想して、仕事に励む。

    「自分の今いる場所で、可能な限り誠実に、力いっぱい生きるしかない。
    世界のあらゆることに関心をもち、政治情勢によって自分の行動を決めるなんてことは
    できないですから。職業人は職業に専心することによって、小さな窓から世界を眺めて、
    初めて世界を感じ取ることができるんじゃないでしょうか」

    この生き方は、敬愛する堀田善衞(よしえ)が20世紀末の社会を論じた評論集
    『空の空なればこそ』で紹介した、旧約聖書の言葉「凡(すべ)て汝(なんじ)の手に
    堪(たふ)ることは力をつくしてこれを為(な)せ」に通じる。宮崎監督は、2008年の講演で、
    この言葉を引用し、「これをやったら世の中のためになるとか、意義があると決まっている
    仕事はない。どんな仕事でも力を尽くせば、やってよかったと思う瞬間がある」と語っている。
    「できることを懸命にすべきだ」という理想を担わせたのが二郎なのだ。(>>2以降に続きます)

    ソース:YOMIURI ONLINE(読売新聞)
    http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/cinema/cnews/20130712-OYT8T00780.htm
    画像:「この映画は子供を置き去りにしてしまうんじゃないかとも思いました。
    でも、分からないものを見るのも意味があるという声が、後押ししてくれた」と話す宮崎駿監督
    no title

    【【映画】リアルな描写で「生」を問う…宮崎駿監督新作「風立ちぬ」】の続きを読む

    1: 禿の月φ ★ 2013/07/18(木) 08:17:06.82 ID:???P
    枢やなの同名漫画を、水嶋ヒロ主演で実写化した映画『黒執事』の
    公開日が来年1月18日に決定した。水嶋が3年ぶりに主演を務めるほか、
    剛力彩芽が男装に初挑戦することも話題になっており、その二人を
    フィーチャーしたポスタービジュアルも併せて公開されている。

    今回公開されたのは、霧が立ち込めた月夜の宮殿をバックに、水嶋ふんする
    セバスチャンと剛力ふんする幻蜂汐璃がたたずんだ姿を捉えたポスタービジュアル。
    月に浮かんだ蛇のような紋様、セバスチャンの手にある1枚のタロットカード、
    そして「坊ちゃん、危険なゲームの準備はよろしいですか?」というキャッチコピーの
    全てが意味ありげであり、本格ミステリーとしての雰囲気は十分だ。
    このポスターは今週末20日より全国の上映劇場で掲出される。

    また、同日には前売り券も発売開始。購入者特典は主演の
    水嶋自らデザインしたというオリジナルクリアファイルで、片面には
    原作「黒執事」のセバスチャンが、もう片面には水嶋が演じる
    映画『黒執事』のセバスチャンが描かれているものだ。
    原作ファンならば、ぜひとも手に入れたい仕上がりとなっている。

    本作は「月刊Gファンタジー」で連載され、アニメ化もされた枢やなの
    同名漫画を原作にした本格ミステリーアクション。19世紀を舞台にした
    原作からは一転、2020年のアジア某都市を舞台に完全オリジナル
    ストーリーが展開されることになる。監督を務めるのは、『NANA』の
    大谷健太郎、そして「TIGER & BUNNY」のさとうけいいちだ。(編集部・福田麗)
    映画『黒執事』は2014年1月18日より新宿ピカデリーほか全国公開

    ソース:シネマトゥデイ
    http://www.cinematoday.jp/page/N0054841
    画像:http://s.cinematoday.jp/res/N0/05/48/v1374050514/N0054841_l.jpg
    no title

    no title

    no title

    【【映画】水嶋ヒロ主演『黒執事』は来年1月18日公開!謎に満ちたポスタービジュアルも披露】の続きを読む

    このページのトップヘ